新着情報

一から出直し

2018.03.24

昨日のニュースで、貴乃花親方が、日本相撲協会について内閣府へ提出した告発状を取り下げる事を検討している事を知りました。今まで戦ってきた相手(相撲協会)に、分が悪くなり、すり寄って行っているように感じるのは、私だけだろうか?

一度不信感を持たれると、信頼を取り戻すのは、なかなか難しい。「こいつ、また裏切るんじゃないか?油断できないな。」こう思われても仕方ない。歴史を振り返ってみると、関ヶ原の戦いを思い出す。西軍(豊臣方)についた薩摩藩。どうにか取り潰しを免れたが、結局、徳川幕府を倒したのは薩摩藩。源頼朝を殺さず、結局、平家は滅亡する。

貴乃花親方が、今後の事、どう考えているのか、分かりませんが、生半可な対応で物事はおさまるはずも無い。世間(相撲界も世間の一つ)はそんなに甘くない。まず第一に、土下座挨拶位から始めないと。下手すると相撲界から、つまみ出されてしまうかも。誰か傍にGOOD ADVISER は居ないのかな?人間として、何が大事で、どの様にすれば物事がスムーズに行くのか(ただツッパっているばかりでは物事は進まないよね)。貴乃花は名横綱だったし、このまま沈んでもらって欲しくない。

ここで私なりの思いをのべさせて頂くと、今までの事、水に流して、日馬富士も横綱復帰させる。(日馬富士はまだ相撲をとりたがっているわけだし。本人とても真摯に相撲にとりくんでいると思います。)細かい意地をはってないで、楽しくいきましょう。

GOOD LUCK!                             伊牟田