新着情報

年季の入った治療院

2018.03.07

(年季の入った)と言うと、響きはいいですが、悪く言うと古いと言う事。

院長伊牟田は、この道に入って44年、あとのスタッフは20年以上、同じ仕事を、よく飽きもせずやっているものだなーと我ながら感心します?

鍼灸の学校(今もありますが、渋谷桜ヶ丘の、花田学園 日本鍼灸理療学校)を卒業した時、一度、将来について迷った事がありました。しかし仕事をしてお金を稼がないと生きていけないし、しばらく築地の乾物屋さんでアルバイトしてた時期がありました。築地の仕事は朝早く始まり、お昼には、終わります。その後、用事がないときは、日比谷公園で鳩をみてました。4ヶ月したら、気持ちも落ち着いてきて、治療家で生きていこうと、考えるようになりました。それからは迷う事はありませんでした。迷うときは徹底的に迷った方がいいのかもしれませんネ。考えてばかりだと、いつまでも結論でませんね。迷っている人は、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

人生は思っているより、結構短いとおもいます。

若いスタッフばかりの治療院もいいですか、年季の入った治療院もまたいいもんですよ。

いろいろ思い悩むことがあったら相談してみてください。(どんなジャンルでも受け付けます?)

何だか心理カウンセラー治療院のような時もありますよ。

今日はこの辺で               伊牟田